FC2ブログ

「Blue Sky,True Mind」
秋桜、揺れる

秋桜、揺れる 10  翼

 ←秋桜、揺れる 9  和哉 →秋桜、揺れる 11  翼

「お疲れ様。酷い目に遭ったね」


警察病院で、ちょこっと縫ってもらってから、警察の人と話した。
見たまんま喋っただけだから、そんなに時間はかかんなかった。
あの女のこと、知ってるかどうかだけは、しつこく聞かれたけど、知らねぇもんは知らねぇ。
東京出てきたばっかで、知り合いなんか、ほとんどいないってばよ。

聴取室ってとこから出たら、北川さんが出迎えてくれて、慰めてくれた。
でも、こんなん大したことねぇなって、思ってた。


あの女を見た時、とっさに「やべっ」って思ったんだよな。
北川さんたちに、何かしてんじゃねぇかって。
本人じゃなくても、少なくとも知り合いの人とかにさ。
あのバーって、北川さんのホームポイントみてぇなもんじゃんか。

じゃなかったら、女があんなとこでウロウロなんかするかよ。
着慣れてないカッコしてたってことは、変装のつもりだったんだろうしさ。

だったら、邪魔しねぇとダメだろ。
恩人がヤな目に遭うかもって思ったら、もう口が動いてた。



「あ、大丈夫です。でも、あの女、何なんですか。
 そばにいた人のこと、後つけてたみたいですけど」

「あれねー、今日、紹介しようと思った一人のストーカーなんだ。
 俺も見るのは初めてなんだけど、すっごい勘違い女で困ってたんだよね」


やっぱそうかって、ムカついた。
ババァと同じ顔してたもんな。
自分の欲のためなら、何してもいいと思ってるって顔。

ババァ思い出して、顔顰めたら、すっげ痛くなった。
そう言えば、こんなケガすんの、久しぶりだ。





「二針かぁ。ほんと、目をやられなくてよかったよ」

「殴られんの慣れてるから、目をかばう癖はついてます」


タクシーの中で喋ってる時、北川さんは俺を見て、いたずらっぽく笑った。
ああ、顔の作りや服装だけじゃねぇんだ。
この人って、表情で、余計に若く見えるんだな。


「ま、どっちにしても、あの女がどうなるか決まるまでは、うちにいてもらうよ。
 ケガも心配だし、たぶん、示談や被害届の取り下げの交渉をしてくるだろうしね」

「警察には、携帯も教えてきたし、一人で大丈夫ですよ。
 下手に警察や関係者が押しかけたら、ご迷惑になります」

「言ったよね、セキュリティは万全だって。
 今は、二手から狙われてるんだから、一人でいちゃダメだ」


ニコニコして優しい顔してるけど、有無を言わさずっていうんだろな、こんな感じ。
瑛士さんが「先輩って言うより、先生みたいな人」って、メールで教えてくれただけあるよな。





一旦、渋谷駅のコインロッカーに寄って、キャリーバッグを出してきた。
そのまま、またタクシーに乗るのかと思ったら、原田さんが迎えに来た。


「少し前に、みんな帰ってった。会わせられへんかったのは、残念やったけどな。
 翼のおかげで、ひとつ解決しそうや」

何言ってんのかよくわかんなかったけど、原田さんは素面のまんま。
北川さんを迎えに来るために、飲まなかったのかな。
そんなとこも、瑛士さんぽいよな。

ビールが大好きなくせに、よく、俺のために我慢してくれてた。
飲んでって言っても、「終わったらのご褒美の方が、美味く感じるからいいんだよ」って。





「腹減ったやろ。チャッチャッと作るから、ちょっと待っとき」


マンションに着いたら、原田さんがすぐにキッチンに消えた。
北川さんが、俺のキャリーバッグ持ってくれて、部屋に案内してくれた。
中には、ソファベッドとパソコンデスクが置いてあって、シンプルだけどオシャレな感じ。

「ここは、友達が泊まる専用の部屋。
 しばらくは、誰も来る予定ないから、ゆっくりしてて」

荷物整理してから、リビングに来いって、北川さんは戻ってった。


来る途中で思ったけど、瑛士さんのマンションより、もっとセキュリティが厳しい。
有人ロビーに入る時と、エレベータに乗る時、そして、玄関前。
三回も、「非接触キー」ってヤツ、使ってた。
そんで、最後に使うのは、普通には合鍵作れない、細かい仕様のディンプルキーが二つ。

俺、働いてた工場が、そっち関係だったから、よくわかる。
あれなら、まず中までは入ってこれない。
セキュリティ万全って言うのは、誇張じゃないんだ。


ケガしてるし、ある程度のかたがつくまでは仕方ねぇか。
一人で頑張るって無理したら、あの二人の勢いだ。
それこそ、首根っこを押さえつけられて、ここに監禁されちまいそうだ。



長袖Tシャツに短パン、ちぐはぐな部屋着でも、二人は何も言わなかった。
リビングには、すっげいい匂いがしてて、腹が減ってるの思い出した。


「冷凍してたので悪いけど、クリームシチューとパンな。
 今日は、大変やったな。食べたら、シャワー浴びて、ゆっくり寝ぇ。
 明日は日曜で、二人とも用事ないから、これからのこと相談しよ」


北川さんも何も食べてなかったから、二人で並んでシチュー食った。
腹が減ってるからじゃねぇな。元々、すっげ美味いんだ。
驚いてたら、北川さんが自慢げに教えてくれた。

「うちはね、修が料理担当で、俺が掃除洗濯担当なの。
 修は、料理上手なんだよ。体調も考えてくれるんだ」

「あー、これはな。弟分の影響。中学ん時から家事やっててな。
 勉強教えてる時、俺の分も弁当作ってきたりしててん。
 それ見て、俺も自分でできるようになろと思たんや」

へー、弟分って、東大出てるバンドの人だよな。
中学から家事やってたって、まさか俺みたいな理由じゃねぇだろうけどさ。



食い終わったら、北川さんが防水の傷テープ貼ってくれた。
病院でも貼ってくれたけど、ちょい剥がれかけてたから。

「ちょっと不便だろうけど、塞がるまでは我慢して。
 相手から、ガッツリ治療費取って、形成外科で傷痕も残らなくしよう。
 弁護士も医者も、いくらでも友達にいるから、任せといて」


傷痕が増えるだけのことなのに、北川さんは、俺の代わりに闘う気満々なんだ。
なんで、そこまでしてくれんだろって、ポカンとした。


「あの女に声かけたのって、俺たちを守ろうとしてくれたんでしょ。
 瑛士の知り合いってだけじゃなく、俺たちに恩を感じてくれたからだよね。
 それでケガしちゃったのに、何もしないわけにはいかないよ」

「ああ、それに、あの女は潰しとかんとあかんわ。
 翼は、体張って、ええ仕事してくれたんや。
 詳しいことは、明日、話すけどな」

 

二人は、まず俺を心配してくれた。
ずっと一緒にいてくれて、メシ食わせてくれて、居心地の良さそうな部屋貸してくれた。
んで、落ち着いたら、俺以上に怒って闘おうとしてる。
あの女には、他にもゴチャゴチャあるにしても、俺のために怒ってくれてることには変わりがねぇ。



おやすみなさいって、部屋へ戻った。
タブレットをチェックすると、瑛士さんからメール。
原田さんから、詫びの電話が入ったらしい。
勝手にやったことなんだから、詫びることなんかねぇのにな。

んでさ...瑛士さん、すっげ心配してくれてんの。


『二人と一緒なら心配いらないのはわかってる。
 でも、原田さんから話を聞いた時、心臓が止まるかと思った。
 すぐに、そっちに飛んで行きたかったよ。
 だけど、顔を見るどころか、声を聞くだけで、俺は我慢できなくなる。
 翼を、こっちに連れ帰ろうとしてしまう。それは、しちゃいけないんだよな』


うん、ありがと。俺も我慢できる自信ないよ。
だから、思いとどまってくれて、ありがとう。

瑛士さんは優しいから、どれだけ心配しただろう。
相手のこと、どれだけ怒ってくれただろう。
そう思っただけで、俺は心が温かくなる。


大丈夫だよ、瑛士さん。
これくらいの傷なんか、大したことない。
慣れてんの、知ってるでしょ。


『心配かけて、ごめんなさい。北川さんが、ずっと付き添ってくれました。
 これからのことも任せろって、言ってもらいました。
 二人のマンションに、しばらくは泊めてもらいます。
 俺は、大丈夫。心配しないで。瑛士さんは、ちゃんとご飯食べてる?
 来月から、海外出張だよね。体に気をつけてね』


返信し終わった後、入力できなかった言葉を呟いた。


「会いたいよ。大好き」


呟いた後、涙は出なかった。

スマホの画像呼び出して、笑ってる瑛士さんに「おやすみなさい」
こっちに来てから、寝る前はこうしてる。


忘れられるのは、構わない。

だけど、忘れないのは、俺の自由だ。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ 3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ 3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ 3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ 3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ 3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ 3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【秋桜、揺れる 9  和哉】へ
  • 【秋桜、揺れる 11  翼】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【秋桜、揺れる 9  和哉】へ
  • 【秋桜、揺れる 11  翼】へ