FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ホールインワン 健太の知勇 5 →サザンクロス 怜の知勇 6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ホールインワン 健太の知勇 5】へ
  • 【サザンクロス 怜の知勇 6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「SOLD OUT」
気概

グッドラック 昌行の知勇 5

 ←ホールインワン 健太の知勇 5 →サザンクロス 怜の知勇 6



合格発表の翌日、オヤジさんに呼ばれて、本家へ行った。

健太が電話で報告したとは言え、直に挨拶しないとマズいだろうし、

特に、怜達はきちんと礼を言わないと、筋が通らない。


三人を連れて本家へ行くと、普段なら居間なのに、座敷に通された。

ここは、大事な客と会う時にしか使わない。

まさか、正月みたいに、表裏の幹部が揃ってるんじゃないだろうな。

考えただけで、気が重いっての。


座敷に入ると、予想を裏切って、オヤジさんと姐さんの他は、歳さんと勇さんだけ。

健太も首を捻ってる。

大きな座卓の上には、人数分の箸や小皿が用意されていて、

ここで昼メシなのは間違いなさそうだ。


「昨日は、電話だったけど、今日はちゃんと合格通知を見せに来たよ。」

健太が三人分の通知書を、オヤジさんに手渡すと、何度も見直しては笑ってる。

「坊っちゃん、合格、おめでとうございます。」

「東大に受かるなんて、さすが、坊っちゃん。」

歳さんと勇さんが、祝いの言葉を言ってるが、歳さんは本気で勇さんは上っ面だけ。

それに、姐さんも喜んでる振りしてるだけだな。

愛人の子が優秀だなんて、面白くないのは当たり前だしな。


「怜君と涼君も、よく頑張ったな。おめでとう。」

二人揃って、深々と頭を下げた。

「ありがとうございます。大変お世話になりました。」

「君達の住む部屋は、確保してあるから、心配しなくていい。

 健太用の部屋の隣に、同じタイプの部屋を買ってあるから、

 それを使いなさい。大学に入っても、健太をよろしく頼む。」

「こちらこそ、よろしくお願いします。

 部屋のことは、本来なら遠慮しなければならないところですが、

 ご存じのように、僕達には親がいません。

 経済的に厳しくなってしまうので、お言葉に甘えさせていただきます。

 本当に、ありがとうございます。」

怜がそう言って、もう一度二人で深々と頭を下げた。

健太が、怜の言葉を聞いて、ニコニコしてやがる。

怜のことだから、断るかもしれないって、心配してたからな。


怜達は、初めての座敷でも、歳さん達がいても、平然と昼メシを食ってる。

姿勢よく、礼儀正しく、きちんと食べる。そこも、オヤジさんのお気に入りだ。

食べ終わって、オヤジさんが言った。

「手続きだの、引っ越しだので、四人が一緒にいた方がいいだろう。

 こちらには、顔を見せてくれれば、それでいい。」

つまり、マンション暮らしは続行でいいってことだな。

そして、三人に祝儀袋を渡して、俺達四人を残し、みんな座敷を出て行った。


「昌さん、冷蔵庫に何か残ってない?」

車に乗り込んだら、涼がすぐに聞いてきた。

チマチマした懐石料理なんかで、腹いっぱいにはなんねぇよな。

「ああ、煮付けとエビフライ、味噌汁とお前らが作ったサラダがあるな。

 それに、ケーキも残ってるはずだ。」

涼が途端にニコニコしてて、怜は苦笑いしてる。

「ああいうの、お腹いっぱいにならないよね。

 だから、僕 父さん達と外で食べるのイヤなんだ。」

健太、お前、すごい祝いもらってるのに、そんなこと言ってていいのかよ。


「怜と涼は、祝いは何だったんだ?」

俺が聞いたら、祝儀袋から取り出して、固まってる、二人。

「一千万の小切手......別の口座作らないとなぁ。」

驚いてるくせに、とっさにそんなこと考えつくのが、お前らしいよ、怜。


「僕のは、何だったんだろう。」

ああ、お前のは目録になってる、後で現物を見せてやるからな。

「東京のマンション、二部屋とも僕名義にしたんだ。これで、三部屋が僕名義だね。」

「書き換えた権利書は、俺が持ってる。他の債権なんかと一緒に保管していいな?」

健太が頷いたかと思うと、後ろを振り返った。

「怜ちゃん、部屋のこと、よく断らなかったね。」

「ああ、もう、母さん方式にすることにしたからな。

 それに、涼が口滑らせたから、前もって知ってたし。」

涼が、横向いて、知らん顔してる。

お前に聞かれた時点で、怜にバレることくらい、予想はついてたよ。


「怜ちゃんが、どんどん、おばさんに似てきた気がするんだけど、

 僕の勘違いかなぁ。」

「うん、俺も、それが最近気になってるんだけどね。

 おばさんに似てきたら、どんどん男らしくカッコよくなってきてるんだよね。

 おばさん、男前だったから、ちょうどよかったのかな......。」

二人の話を聞いて、怜が、珍しく大笑いしてる。

「お前達、人の母親、何だと思ってるんだよ?

 でも、確かに、父さんより、気風も良かったし、男前だったかもな。」


怜、お前の中では、もう思い出になってるんだな。

すっぱり切り離してるように見えて、親の話はほとんどしないようにしてた。

完全に忘れてるわけじゃないから、口に出さなかったんだろ。

でも、今はもう、そうやって、笑い飛ばせるようになってる。

前しか向いてない、お前らしいよ。

うん、後ろを振り向くのは、もっと年食ってからでいいぞ、俺みたいにな。













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ 3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ 3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ 3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ 3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ 3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ 3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ホールインワン 健太の知勇 5】へ
  • 【サザンクロス 怜の知勇 6】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ホールインワン 健太の知勇 5】へ
  • 【サザンクロス 怜の知勇 6】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。