FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←午後十時の薄明かり 13   冬威 →午後十時の薄明かり 15   冬威
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【午後十時の薄明かり 13   冬威】へ
  • 【午後十時の薄明かり 15   冬威】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「Time After Time」
午後十時の薄明かり

午後十時の薄明かり 14   冬威

 ←午後十時の薄明かり 13   冬威 →午後十時の薄明かり 15   冬威

七海たちの画像を眺めながら、思い出したことがあった。

チケットは二枚ある。
弟たちは、全員分を確保している。


残りの一枚を、誰に渡すか。


知人は多いが、友人は少ない。
英一以外は、やっとのことで歩み寄ることができた、REALのメンバーのみ。



Crossroadに行けば、誰かいるだろうけどなぁ。
翼君は、SMSの大ファンだし、行きたがるかな?

ああ、でももう店長さんだもんな。
渡辺さんと違って、夜もやってたし、甲斐さんのヘルプか。
ちっこいのに、責任感強くて感心するよ。

それに、俺のこと警戒してるし、まず無理かもな。
あのお侍みたいな彼氏に、お手打ちにでもされそうだ。

それに、出禁食らっちゃってるし。
これ以上、聡志さんを怒らせるのは、怖すぎる。



REALとの蟠りがなくなった今、北川の許しを得ることは可能なはずだ。
しかし、一度、警告を無視して、カイとカンに近づいたことは事実。
しばらくは、おとなしくしていた方が身のためだろう。





ライブまで、あと三ヶ月ある。
それまでに、誰かに声をかければいい。

チケットを、ローボードにしまい込んでいた時、一人の男を思い出した。

友人と呼んでいいものか。
ただの知人と分類するには、距離が近い気もする。

英一以外に、素のままで接してきたのは、彼だけだ。

Crossroadに出入りしていた頃、何度か肌を合わせたこともある。
しかし、HAKONIWA解散直後に、「主治医」と「患者」の関係になって以降は、プライベートでのつきあいはない。


解散する頃、体力的にも精神的にも、既に限界だった。
仕事に追われ、優児たちと事務所の板挟みに疲れていた、毎日。
アルコールを摂らねば、眠ることもできなくなっていた。

そんな自分を見かねて、名刺を渡してきたのが、相馬伊織だった。

カウンセリングを受け、安定剤や睡眠導入剤を処方され、半年ほどで正常な生活に戻った。
それ以後も、月に一度だけのカウンセリングは続いている。
しかし、いくら誘おうとも、食事にさえ応じなくなった。
患者との適切な距離を保つためらしい。


彼、相馬伊織は、北川とは古いつきあいらしく、Crossroadにもたまに顔を出す。
自分と同じ、ゲイ寄りのバイセクシュアル。
ただし、彼は女を抱き、男に抱かれる性癖の持ち主。

年は、北川と同じで、体型は華奢。
若作りしているわけではない。
しかし、五十を越えたと言うのに、どこか透き通るようなイメージを持つ。
品格のある風情が、康生を思わせる。



明日はカウンセリングの日だしな。
ダメ元で誘ってみるか。





優児たちと和解してから、自分の心境に変化を感じていた。

何をしていても、どこにいても、それまでは実感がなかった。
まるで、カメラのファインダーを覗いているような、どこか他人事のような感覚が常にあった。
「TOY」という人格を演じるようになってから、それは始まり、つい最近まで続いていた気がする。

それが、優児たちと元の「冬威」として接して以来、大きく変わった。


今、ここで、生きている。

そう、感じるのだ。


そして、これまでになく、現実に向き合うことを考え始めた。

自身のためだけに生きる。
贅沢過ぎる願いだと思っていたが、もしかしたら許されるのかもしれない。

そうするには、残っている大きな課題とも、向き合わなければならないのだけれど。


カウンセリングで、その話をしようと思っていた。
相馬の返答次第では、春樹とも連絡を取らなければならない。

だからと言って、気負っているわけではない。
自分でも不思議なくらい、肩の力が抜けているのがわかる。


『お前も、ジジイになったってことだ』


鮎川の言葉が思い出されて、一人、笑う。






翌日、午後十二時に、相馬のクリニック兼自宅へ到着した。
相馬の好きなパン屋のサンドイッチと、デリのサラダ、そして花を準備して。

胚芽パンにエビとアボカド、ずっしりしたライ麦パンにチーズを挟んだもの。
サラダは、水菜やニンジンの千切りに、レーズンと砕いたクルミが散らしてある。
今日の花は、トルコキキョウ。紫から青、そして白へのグラデーションが美しい。

カウンセリングルームには、いつも花が飾られている。

相馬が好きなことが大きいが、患者をリラックスさせる目的もあるらしい。
そのため、香りのきついものや花粉が多いものは避ける。

相馬のイメージで花を見繕うもの、楽しみの一つ。



ちぃやななに、何か買うのかが楽しみだったんだよなぁ。
少しずつ高いモノになってくのが、嬉しくてしかたなかった。
ちぃは、絶対に遠慮するから、受け取らせるのに苦労したっけ。



自分のモノについては、全て事務所の社長やマネージャー任せ。
「TOY」のキャラクター設定に合わせて選ばれたものを、そのまま使ってきた。
インタビューで困らないように、情報だけはまる覚え。
経費やスポンサー契約で、衣服や化粧品などは自腹ではない。

他人のために金を使う、それが唯一の趣味と言えば言えるかもしれない。


プライベートでは誘っても拒否される。
相馬と食事を取りたいがために、昼食の時間に予約を入れ、デリや花を用意する。



伊織さんと話すの、気楽で安心するんだよな。
なな相手みたいに、兄貴ぶらなくていいし。
エイチ相手だと、鋭くツッコまれて、胃が痛くなる時があるし。






「伊織さん、こんにちは」


インターホンを押せば、相馬の返事が聞こえる。
門扉のオートロックが外れる音がする。
玄関では、相馬がドアを開いて、出迎えてくれる。


自分が、まるで子どものように、無邪気に笑っていることには、気がついていなかった。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ 3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ 3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ 3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ 3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ 3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ 3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【午後十時の薄明かり 13   冬威】へ
  • 【午後十時の薄明かり 15   冬威】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【午後十時の薄明かり 13   冬威】へ
  • 【午後十時の薄明かり 15   冬威】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。