FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←千紫万紅 3 →千紫万紅 5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【千紫万紅 3】へ
  • 【千紫万紅 5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「True Colors」
千紫万紅

千紫万紅 4

 ←千紫万紅 3 →千紫万紅 5

好きを自覚した一週間後、スタジオで全員集合した。

あれからは、毎日が楽しくてしかたない。

あ、最後まではしてないよ。ぐっと我慢してる。
だって、烈の仕事の邪魔になるじゃん。

それでも、毎晩、二人でソファでくっついたりして。
俺のベッドで一緒に眠ってるんだ。

烈は、初めてのドキドキをまたくれた。
口でしてくれたりもしたし。
俺からはしてたけど、キスも無理だったから、してもらうのは諦めてたんだよね。
慣れないのに、小さな口で一生懸命してくれて、メチャクチャ感動したなぁ。

仕事中は思い出さないように、きちんと切り替える。
最初は意識して頑張ったけど、すぐに慣れたのは、仕事自体に慣れてきたからかな。

そういうのもあって、気長に構えてくれたんだと思う。
俺、ほんと仕事で手一杯だったし。

つらい思いさせて、申し訳なかったけどね。





「お前ら...とうとう、くっついたんか」


ドラムのチューニングやセッティングやってたら、由人がからかうように話しかけてきた。

顔を上げると、みんな、ニコニコ笑ってる。


「やっとやな!えらい長いことかかったなぁ」

「よかったね、烈」

「思てたより、早かったですね。烈さん、言うてまいました?」



えーーー?!
なんで?
どうしてさ?!

そりゃあ、報告するつもりではいたけど。
まだ、会って五分だよ?

みんな、気づいてるって、どういうこと?!



「ん、なんか勢いで、つい言っちゃった。
 みんな、ありがと。やっぱり、出てる?」

「おう。お前は、あんま変わらへんけどな」

「七海さん、わかりやす過ぎですわ」


恥ずかしくて焦りまくってると、チューニングが進まない。
昇平が、大笑いして近づいてくる。


「話は後でな。とりあえず、始めよか。
 どうしても叩かれへんなら、落ち着くまで笙に代わってもらうか?」

「大丈夫だって。すぐに切り替えるよ」


うん、せっかく全員集まったんだ。
動揺して、時間を無駄にするのはもったいない。


深呼吸してみる。

みんなのからかうような顔は、そっと見守るような表情に変わってる。

みんな、ゴメン。
今日だけじゃなく、今までのことも。
俺の鈍さがどれだけ迷惑かけたかと思うと、恥ずかしくてどうしようもない。

でも、体裁を繕っても、みんなにはバレバレだもんね。
開き直るような図々しいことはしない。
ただ、今はドラムに集中するよ。





終わってからの晩御飯は、由人のお勧めの店で、洋風牛肉専門店。
ステーキだけじゃなくて、いろんな牛肉料理がメニューにあって、すっごく美味しそう。


「ここのローストビーフなら、笙かって食えると思うわ。
 脂はある程度抜けてるし、肉汁はたっぷり残ってるしな」

「へー、プライムリブって言うんや。肉は詳しないから、知らんかった」

「よう見つけたなぁ、由人。チェーンでやってたとこは、撤退したやろ?」


昇平が、感心して由人に質問してる。
聞いてみたら、「プライムリブ」ってのは、分厚くて温かいローストビーフらしい。
チェーン展開してる外資系レストランが、大阪にいくつかあった。
俺たちが大学に入る直前に、親会社の業績不振でなくなったって。


「あ、プライムリブの店、関東にもあったよ。
 高級なファミレスって感じだった」

「そうそう、店内に客車とかあってな。従兄弟がチビの頃、連れてったら大喜びやったわ。
 値段はそこそこするよって、そないしょっちゅうは連れていかれへんかったけど」

「チェーンの方は、横須賀に残ってるらしいで。
 そことここのこと、会社で教えてもろたんや」


烈が楽しそうに喋ってるのを、由人は嬉しそうに見てる。
ちょっと複雑な気分になった。




由人が仕切ってオーダーを済ませた後、俺の顔をじっと見てニヤッと笑う。


「心配しなや。もう吹っ切れてるし。
 烈が幸せそうやから、安心したしな」

「...俺、鈍くて、自分の気持ちもよくわかってなかったんだよね。
 そのせいで、烈にもみんなにも迷惑かけちゃって、ほんと、ゴメン」


頭下げたら、みんなが爆笑してる。
珍しく、要も笙も、声出して笑っててさ。


「烈が待つって決めてたんだから、俺たちは何が言えるわけでもないよ。
 七海が自覚して、二人が今幸せなら、それでいいんじゃないかな」

「要の言う通り。烈さんは、長期戦やって覚悟してはったし。
 待った分、今からどんどん幸せになればいいだけの話ですやん」


烈が待てると思ったのは、メンバーが味方になってくれたからだよな。
みんなの言葉や表情を見て、俺と烈、両方のことを考えてくれてたって、身に沁みた。





「次は、お前らやなぁ。まだ結婚すんのは早いか?」


昇平が、要と笙を交互に見て言った。
照れるかと思ったけど、二人とも微笑んでる。


「んー、しょっちゅう帰省してるから、なかなか貯金できなくてさ。
 贅沢はしてないつもりだけど、もう少しかかるかな」

「私、まだ就職したばっかやん。子どもは作らへんから、焦る必要ないし。
 二人とも、頑張って貯金してからやないとね」


え、子ども作らないの?
二人が決めることなのはわかってるけど、なんとなくもったいない気がする。

俺がゲイだから、そう思うのかもしれないけどさ。


「心臓、弱いもんなぁ。出産育児には、耐えられへんか」

「うん、医者にも言われてるしね」


さらっと言ってるのを聞いて、また反省。

そうだった、体弱いんだもんな。
健康な姉貴でも、かなり大変だったみたいだし。


何でもできて、いろんな人から好かれる、笙。
でも、その体には爆弾を抱えてるんだよな。



ちょっとしんみりした空気になったら、要が口を開いた。


「笙がいれば、子どもは要らないよ。母も納得してる」

「ちょっと、要!何言うてんの?!」


慌ててる笙なんか、滅多に見ないから、つい、じっと見ちゃった。
それに気づいて、笙が困ってるのも、ほんと珍しくてさ。


「何かマズかった?」


キョトンとした顔で、要が聞き返して、それが可笑しくて。
我慢できずに、みんなで笑っちゃった。




「お前ら見てると、運命ってあるんやって気になるわ」


笑いが収まった頃、スープとサラダが運ばれてきた。
昇平が、しみじみとした口調で話す。


「そうやなぁ。笙の相手は、かなりの年上やないと無理やと思てたわ。
 それが、同年代やなんて、親も驚いてたで」

「由人、うちらのこと、おじさんらに喋ったん?」

「ああ、オトンもオカンも、昇平ん家ほどやのうても、お前のファンやしな。
 特にオカンは、話聞きたがんねん」


開き直ったのか、笙は、絶句も困った顔もしなかった。
ただ、懐かしそうに、由人のお袋さんとの思い出を話し出す。


「おばさん、昇平んとこと同じで、娘が欲しかったって、メッチャ可愛がってくれはったもんなぁ。
 母さんのとは違うレシピ、教えてくれはったし」

「それや、それ。一緒に料理するんが、夢やったらしいわ。
 両方とも男やから、嫁さんに賭けてたのに、兄貴んとことは仲悪いし、俺はゲイやし。
 お前がいてくれて、ほんま、助かったわ」


由人が軽く言ったせいか、雰囲気はもう暗くはならなかった。

ローストビーフが運ばれてきて、みんなで楽しむ。
食べながら、考えた。
ほんとに、ラッキーだったんだって。


メンバー六人のうち、三人がゲイなんだもん。
偏見があったら、続いてないよなぁ、うん。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ 3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ 3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ 3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ 3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ 3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ 3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Time After Time
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【千紫万紅 3】へ
  • 【千紫万紅 5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【千紫万紅 3】へ
  • 【千紫万紅 5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。