「Crossroad」
secret party

secret party 10   海

 ←secret party 9   翼  →secret party 11   健太

「明日のパーティ、ドレスコードはカジュアルになってるけど。
 一応、アデルやサフィールを着てね」


ミーティング終わりに、ロウに注意されて、俺とカンはポカンとしちゃった。
思いつきもしなかったよ、そんなこと。

カジュアルって書いてあるから、適当でいいと思ってた。


「プライベートなパーティだけど、貰ったモノを着ていくのも礼儀でしょ?」


カオルの言葉も、もっともだ。
よかったなぁ、この二人がいてくれて。

俺とカンだけだと、絶対にやらかしてたな。



「あ、俺、今、サフィールかアデルしか持ってねぇ。心配すんな。
 断捨離ってヤツ?で、古いのは、全部、寄付とかしたしな」

「えーーー?!いつの間に、そんなこと!」

「この前、お前、衣替えしたろ?
 あの後に、自分のクローゼット見て、ごちゃっとしてんなぁって、イラツイたから。
 安心しろ。お前のはサイズがないの知ってっから、勝手に捨てたりしてねぇよ」



カンらしいなぁ。

思いついたら、即行動。

ファッションもインテリアも、"Simple is best"だもんね。
音楽の好みとライフスタイルは、必ずしも一致しないって、いい例だよ。




それからは、翌日のパーティの話で盛り上がった。
詳しいことは教えてもらえなかったけど、どうやら明日の編成では、エイチはキーボードに回るらしい。


「ベースは、斎藤さんとケンタさんだって。
 どんな音になるのか、すごく楽しみだよね」

「うん、弦屋も参加して、あの曲演るらしいよ。
 ストリングスが入ると、もっと盛り上がるんじゃないかなぁ」

「あ、ツバサが言ってた。マコトが珍しく合同練習してるって。
 あの四人がマジになるくらい、エイチのアレンジが複雑ってことらしい」

「ああ、あれ転調も多いし、リズムパターンも変わるしね。
 オーソドックスなロックっぽいのに、すっごく複雑に作ってある。
 それこそ、日本人には珍しい音だから、マコトさんたちも苦労したんじゃないかな」


話題が、SOLD OUTの曲になったところで、みんなが、一瞬だけ黙り込んだ。



「レイさんは恥ずかしがってたけど、やっぱり天才だよね。
 エイチが、俺たちに見せてくれたのは、本当に例外だったの知ってる?」



ロウの言ってる意味は、俺とカンは、もう知ってる。

Crossroadに、レイたちが来た時、その話になってさ。
レイが、しばらく絶句した後に、淡々とエイチに質問してた。


その時、「他のミュージシャンには、一切見せてない」って、エイチが断言してたんだ。
そしたら、ショウさんが言ってた。


『うっわ、英兄がそれだけ入れ込むのって、むっちゃ珍しない?
 プロデュースしても、そこまで距離詰めたことないよね?』

『実際にプロデュースしてんのは、とーちゃんだけどな。
 まぁ、俺も年食ったってことだよ』


エイチの言ってる意味が、よくわかんなくてさ。
表情に出てたんだろうな。
後で、ショウさんが、こっそり教えてくれたんだ。



『英兄は、二重の意味で、あんたらのこと応援したいんやと思う。
 親の七光はさんざん言われてたし、ゲイってことはオープンにできひんしな。
 自分が苦労した分、あんたらには必要のない苦労はさせたくないんちゃうかな』


カンは、最初に会った時とは違って、笙さんの言葉にムッとしたりはしなくなってる。
だから、二人とも、素直に納得したんだよね。





「明日は、篠原さんの迎えもない。
 絶対に遅刻しないようにね」


ロウがリーダーらしく締めて、解散になった。


明日のパーティは公にはなってない、完全なプライベート。
だから、篠原さんには、送り迎えは頼めない。

やろうかって言ってくれたけど、ロウが断った。

親父たちさえ招待されてないんだから、篠原さんが出入りするのはマズいって判断。

明日は、あくまでも、斎藤さん、カズヤさん、ツバサさんのお祝い。
主催は、エイチとショウさん、レイたち三人。

ロウとカオルはノーマルだけど、Crossroadに出入りして、仲間だって認めてもらった。
斎藤さんたちのご厚意で、衣装提供もしてもらってるしさ。



でも、親父たちは違うからね。

仲間には、ノーマルの人もいるけど、基本的にゲイの集まりなんだ。
エイチとシュンのことも、暗黙の了解になってるけど、親父たちは知らん顔してる。

トーイが出入りしてたこともあって、エイチは親父と飲む時、あそこには絶対に行かなかったって。

親父は年を取ったせいか、俺がゲイなのも受け入れるようになったけど。


どうも、若い時にやらかしたらしいんだよね。

コウセイとデキてるんじゃないかって、週刊誌のネタにされて、ブチ切れたっぽい。
んで、エイチがゲイなのも、シュンさんがパートナーなのも、かなり長い間、気づいてなかったらしい。

全く、親父らしいよ。

差別発言をイベントの共同楽屋で連発して、コウセイに注意されたって。


その話を聞いた時、「あー、やりそう」って、素直に思ったもんね。
んで、ブチ切れてる親父を見て、エイチは哀しかったろうなって、申し訳なくなった。

コウセイは、自分がよく狙われることもあったから、そこら辺は敏感。
エイチたちのことも、すぐに気づいてたけど、口にはしてなかった。

親父がやらかした時に、キャシーとスーと三人で、懇懇と説教したらしい。

これは、コウセイじゃなくて、スーが笑い話で教えてくれた。
俺たちが、交際宣言した夜に。




そんな経緯もあって、エイチは、弦屋は紹介しても、サイトウさんは、親父に紹介しなかった。
大事な弟みたいなもんだって言ってたし、少しでも無神経な発言で傷つけられるのがイヤなんだと思う。

親父は親父で反省してるんだけど、今さら謝るのも気が引けるっぽいんだ。
エイチ自身は、オープンにしてないんだから、どう謝るんだって話もあるしね。




「明日は、録音・録画禁止なんだよな。
 全身で聴いて帰ろうぜ」


マンションに戻ってから、カンがワクワクして話してる。
俺も賛成だけど、その前に注意しとかなきゃね。


「それは賛成だけどね。お祝いなのは、忘れちゃダメだよ。
 きちんと、「おめでとうございます」って祝って、感謝もしなきゃね」

「わかってるって!マサユキだけじゃなくて、ツバサとカズヤにも世話になってんじゃん。
 俺だって、そのくらいはわかってるっての。
 だから、三人の祝い、二人で選んで、送る手配もしただろ?」



そう言えば、お祝い選ぶのは、カンが率先してやってたな。
ロウとカオルも驚いてたっけ。

いざとなったら、俺より、ずっと気が利くようになってる。
カンの成長ぶりは、ほんとに驚かされるんだ。



三人ともお金には不自由してないから、何を贈ればいいのか、かなり悩んだ。

結局、エイチに教えてもらって、マサユキさんには、ケンタさんとお揃いで名前入りのピック。
一人百枚あるから、しばらくは保つよね。

ツバサさんには、キャシーお勧めの、オーガニックレシピ本。
英語できるし、調べたら、翻訳本は出てなかったから、ちょうどいいんじゃないかな。

カズヤさんには、自筆カードを作るって、ナツさんに聞いたから、万年筆にしてみた。
俺もカンも使ったことないから、コウセイに教えてもらってさ。


当日に渡すのは大変だろうから、ニ週間前には届くようにして。

すぐに、三人からお礼のメッセージが来た。
みんな、礼儀正しくて律儀なんだよな。



『当日、使わせてもらう。ありがとな』



マサユキさんが、あのピックで、明日、どんな音を出すのかなって。

カンとワクワク話しながら、晩御飯を食べた。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ 3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ 3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ 3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ 3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ 3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png SOLD OUT
総もくじ  3kaku_s_L.png Double Fantasy
総もくじ  3kaku_s_L.png Blue Sky,True Mind
総もくじ  3kaku_s_L.png Happiness!
総もくじ  3kaku_s_L.png True Colors
総もくじ  3kaku_s_L.png Crossroad
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【secret party 9   翼 】へ
  • 【secret party 11   健太】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【secret party 9   翼 】へ
  • 【secret party 11   健太】へ